おまとめローンの仕組みとおすすめ金融機関

「おまとめローン出返済額を減らそう」という広告を目にしたり、耳にしたことはありませんか?
一体、おまとめローンとはどのような仕組みで「返済額を減らす」ことができるのでしょうか。簡単に説明しましょう。

一般的に100万円の借金をすれば、利息は15%でも、同じ金融機関で300万円の借金をすれば、利息は10%になると言われています。
これは、元々の借入金額が大きければ返済期間も長くなるため、利息を安くしても金融機関には何も損が無いからです。

この利息の差を前提として、もしあなたが複数ヶ所でローンを組んでいたり、借金をしていたとしましょう。
A・B・Cという金融機関から100万円ずつ借金をしていたとして、それぞれの利息が15%だとすると、単利で115万円ずつ返済する必要がありますね。合計で、345万円です。
しかし、もしおまとめローンで複数の金融機関からの借入を一つにまとめて、一つの金融機関で300万円借りたという形にしたとします。
すると、300万円の借入なので利息が10%に減るので、単利で330万円の返済をすれば良いということになるのです。

このような仕組みで、おまとめローンで借金を一つの金融機関にするとお得になるんですね。

そういったことを可能にしているのが、
おまとめローンといわれる商品となるわけですが、
このおまとめローンも金融機関によって、金利の違いもあれば、
その他にもサービスの違いがあります。

銀行のローン(カードローン)であれば、
比較的低金利での借入が可能です。

例えば、みずほ銀行のカードローンや、UFJ銀行、
楽天銀行のカードローンは低金利で有名です。
おまとめローンのように使うことも可能でしょう。

またおまとめローンの中でも、東京スター銀行のおまとめローンであれば、
今あるローンを東京スター銀行がまとめて支払い、借主は毎月決められた返済日に、
東京スター銀行に返済するといった形をとるので、ローン分を決められた期間でかえすことが可能です。
ローンの完済を目的にしたおまとめローンといえるでしょう。